×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

私立中学の偏差値

 私立中学を受験をする際に、志望する中学の偏差値がどのくらいなのかは気になるところです。
中学受験の大手の進学塾には、四谷大塚、日能研、SAPIXなどがあり、それぞれの進学塾で、中学入試についての最新情報の収集・分析を行っています。
私立中学の偏差値ランキングの一覧表もまた、多くの大手進学塾等から毎年発表されるので、見ておくと良いでしょう。
 また、偏差値・難易度が高い名門中学校のことは“御三家”と呼ばれています。
私立中学700校近くのうち、長い伝統と高い偏差値を誇る男子御三家は「開成」「麻布」「武蔵」です。
 私立中学の、高偏差値の女子御三家は「桜蔭」「女子学院」「雙葉」となっています。
私立中学で偏差値の高い難関校には、他に、灘、東大寺学園、慶應、早稲田実業、渋谷教育幕張、聖光学院、駒場東邦、栄光学園、フェリス、白百合……等々があり、いずれも、進学実績や入試の難易度などがトップクラスの学校です。
 ただ、私立中学の善し悪しは、偏差値だけでは選べないものです。将来進みたい進路や学風、教育環境なども考慮して、目標とする志望校を決めたいものです。

中学入試について

 中学入試を子供にさせる親が増えてきています。
 中学入試のメリットは、どんなところにあるのでしょうか?
 まず、入試のある中学校は、エスカレーター式に進学できる中高一貫校が多く、高校へは無試験で内部進学できるということです(一部の人だけが内部進学できる中学もありますのでご注意)。
 また、入試のある中学校は、地域の公立中学校よりも教育カリキュラムが整っていて、レベルが高いところが多いため、高校受験等に有利ということです。
 親にかかる教育費や、受験勉強による子供の負担、という問題点もありますので、中学入試をさせるかどうかは、子供の将来や性格的なものも考慮のうえ、判断するようにしたいものです。

中学入試について 2

 中学入試を受けて、有名国立・私立中学への進学を目指す小学生が増えています。
 中学入試を受ける場合、小学校上級生のときに進学塾に通うことになるため、子供の負担感はあります。
 さらに、地元の公立中学に進むよりも、当然、教育費がかかります。
 それでも人気が衰えないのは、入試のある中学校は、エスカレーター式に進学できる中高一貫校が多いためです。
 つまり、高校へは無試験で内部進学できる場合が多いということです。
 また、入試のある中学校は、地域の公立中学校より教育カリキュラムが整っているため、高校受験をさせる場合にも有利だと言われています。

Copyright © 2008 中学受験の偏差値